日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム> インフォメーション > 統計に関する国際協力 > 国際協力・交流 > エジプト中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質向上プロジェクトの紹介 > エジプト中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質向上プロジェクト

ここから本文です。

エジプト中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質向上プロジェクト

  エジプト中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質向上プロジェクトは、政府開発援助(ODA)を通じた独立行政法人国際協力機構(JICA)による技術協力プロジェクトの一環で、2016年3月から実施されています。

  統計局は、総務省統計研修所、独立行政法人統計センターと協力して、2017年の人口・住宅センサス等に対する支援を行います。

  また、このプロジェクトにおいて、統計局は、2017年人口・住宅センサスやその他の統計調査を効果的に実施するためのCAPMASの能力を構築、向上させるための技術協力や研修を行います。このため、統計局等から職員を専門家としてCAPMASへ派遣するとともに、CAPMAS職員を研修生として統計局等に受け入れる予定です。

  本プロジェクトの活動内容は、下記のとおりです。

主な活動内容

2017年4月18日、二国間合意書(RD)改正

2017年1月27日〜2月6日、エジプト政府高官招聘

2016年11月27日〜12月1日、第2回短期専門家派遣

2016年7月28日、キックオフミーティング

2016年3月20〜24日、第1回短期専門家派遣

2016年3月20〜24日、中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質の向上プロジェクトに係る協議調査団派遣

2015年12月22日、二国間合意書(RD)締結

2015年8月23日〜9月3日、詳細計画策定調査

2015年1月18日〜22日、情報収集調査



関連リンク

独立行政法人国際協力機構(JICA)ウェブサイト別ウィンドウで開きます。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る