日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

1 こどもの数(15歳未満人口)は1725万人、27年連続の減少

 平成20年4月1日現在のこどもの数(15歳未満人口。以下同じ。)は、前年に比べ13万人少ない1725万人で、昭和57年から27年連続の減少となり、過去最低となりました。
 男女別では、男性が884万人、女性が841万人で、男性が女性より43万人多く、女性100人に対する男性の数(人口性比)は105.1となっています。(表1、図3

表1 男女別こどもの数

 こどもの数を年齢3歳階級別にみると、中学生(12〜14歳)が359万人、小学生の高学年(9〜11歳)が358万人、小学生の低学年(6〜8歳)が351万人、3〜5歳が332万人、0〜2歳が324万人となっており、年齢階級が低くなるほど少なくなっています。(図1、表2)

図1 年齢3歳階級別こどもの数(平成20年4月1日現在)

 なお、これを中学生の年代(12〜14歳)、小学生の年代(6〜11歳)、未就学の乳幼児(0〜5歳)の3つの区分でみると、それぞれ359万人(総人口の2.8%)、710万人(同5.6%)、656万人(同5.1%)となっています。(表2)

表2 男女、年齢3歳階級別こどもの数(平成20年4月1日現在)


「2 こどもの割合は13.5%、34年連続の低下」へbutton

「3 こどもの割合は沖縄県が最も高く、東京都が最も低い」へbutton

 

バック ホーム

ページの先頭へ戻る