日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 研究活動

ここから本文です。

研究活動

 統計研究研修所では、高度な統計技術の研究開発、各府省への支援の強化及びビッグデータの利用等に適切に対応できるよう、以下の研究活動を推進しています。

  • 各府省共通の統計技術に関する研究
  • 各府省・地方公共団体からの要請に応じた統計技術支援
  • ビッグデータに関する研究の企画・実施及び情報の収集・整理

共同研究(リサーチペーパー)

 統計局の所管する各種統計を中心として、統計の高度利用に関する研究を行うために、外部の研究者と様々な共同研究を行っています。このため、研究テーマに応じて外部の優れた研究者を客員教授として招請するなど、研究活動のネットワーク化に努めています。また、共同研究の成果は「リサーチペーパー」として刊行しています。

統計研究彙報

 「統計研究彙報」は、「公的統計の改善及び発展」並びに「政策の証拠としての公的統計の活用の促進」に資する研究成果を提供することを目的とする論文誌です。

学会・研究会等における報告・発表

 統計研究研修所は、統計局及び政策統括官(統計基準担当)と共に、統計関連学会に会員として参加しています。
 各学会の大会等においては、統計局、政策統括官(統計基準担当)及び統計研究研修所の職員が行った研究や分析結果などの成果を発表するとともに、各分野の研究動向などに関する最新の情報収集に努めています。

その他の研究分析

 このほか、研究分析の成果等を紹介しています。

統計局の研究・分析コーナーへのリンク


バック ホーム

ページの先頭へ戻る