日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 統計研修 > オンライン講座 >初めて学ぶ統計ポスターの答えについて

ここから本文です。

オンライン講座 初めて学ぶ統計 ポスターの答え

初めて学ぶ統計ポスター

 ミルクを先に入れた紅茶と後に入れた紅茶の味の違いがわかるという女性の能力の真偽を「ランダム化比較検定」と呼ばれる方法で確かめました。
 ミルクを先に入れた紅茶とミルクを後に入れた紅茶を、ランダムに飲ませ、女性は20回連続で言い当てました。
 5回連続で偶然に当たる確率は32分の1、10回連続で当たる確率は1,024分の1、20回連続で当たる確率はなんと1,048,576分の1です。
 その正解率から味が区別できていると判定しました。
(2003年6月24日に英国王立化学協会によりミルクが先の方が紅茶の味が変質しないとのプレスリリース「How to make a Perfect Cup of Tea」が出されました。)
 問合せ先 統計研究研修所研修企画課企画係
 電話: 042-320-5874  FAX: 042-320-5825  mail: メールソフトが起動しますo-kenkikaku@soumu.go.jp

バック ホーム

ページの先頭へ戻る