日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 統計研修 > 通信研修の受講に必要なPC環境について

ここから本文です。

通信研修の受講に必要なPC環境について

 通信研修を受講するには、以下の条件を満たすパソコンが必要です。

受講用のパソコン

 受講には、インターネットに接続可能な、Flash Player 8以上が快適に動くパソコンが必要です。

パソコンの仕様について

 OS

  • Windows Vista(32ビット版)
  • Windows 7(32ビット版)
    (注意)Windows Vista(64ビット版)、Windows 7(64ビット版)では教材が表示できない場合があります。

 ブラウザ

  • Internet Explorer 7、8、9、10、11
    (注意)JavaScript(アクティブスクリプト)及びCookieを有効にしておく必要があります。

 アドオン

  • Flash Player 8以上がインストールされていること(必須)
    (注意)バージョンが7以下の場合には、バージョンを「8」以上に更新してください。
      このソフトウェアの最新版は、Adobe Systems社のホームページ別ウィンドウで開きます。※から無料でダウンロードすることができます。       
    http://get.adobe.com/jp/flashplayer/ 別ウィンドウで開きます。
  • 受講パソコンの仕様により「Officeアニメーションランタイム」のインストールや、これに関するアドオンの実行が必要になる場合があります。
  • 受講パソコンの仕様により、これらのアドオン等がインストールできない場合は受講パソコンの管理者に相談してください。

 画面解像度

  • 1024×768が表示可能であること(必須)

 サウンド

  • サウンド再生機能を搭載していること(推奨)
    (注意)研修効果を高めるための、音声解説付き教材ですので、音声を再生しながらの受講を推奨します(音声の再生がなくとも、研修は可能です。)
    音声が周囲の迷惑になるような場合は、イヤホンを使用してください。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る