総務省統計局
統計センター
統計データ利活用センターHP

統計データ利活用センター 先進的なデータ利活用の推進拠点

お知らせ

「調査票情報のオンサイト利用」について(統計センター)別ウィンドウで開きます。(10/18更新)
2018.11.30
総務省統計局、独立行政法人統計センター、和歌山県及び和歌山大学がデータサイエンス分野における連携協定を締結します別ウィンドウで開きます。
2018.10.22
「子ども統計プログラミング教室in和歌山」を開催しました(PDF:399KB)
2018.08.01
「統計データ利活用研修会」を開催しました(PDF:576KB)
2018.07.13
「子ども統計プログラミング教室」を8月24日に開催します(PDF:2,375KB)(※台風20号のため、延期)
2018.07.02
「統計データ利活用担当者会議」を開催しました(PDF:671KB)
2018.06.20
「統計データ利活用研修会」受講者募集のお知らせ(PDF:405KB)
2018.05.22
「統計データ利活用センター」開所式について掲載しました(PDF:702KB)
2018.05.02
「統計データ利活用センター」開所記念講演会を開催しました(PDF:157KB)
2018.04.19
パンフレット(PDF:1,979KB)を掲載しました
2018.04.01
統計データ利活用センターを開設しました

統計データ利活用センターとは

統計データ利活用センターの目的

先進的なデータ利活用の推進拠点

従来のデータ 統計ミクロデータ 新たな発見

和歌山県内に「統計データ利活用センター」を設置し、ICTを活用して高度なデータ解析を実現する統計ミクロデータの提供を開始します。また、和歌山県と協力し地方創生に貢献する取組を進めます。

和歌山から日本全国へ。
地方創生に貢献する取組み

期待される効果
  • 統計データの活用で行政課題を解決
  • オンサイト普及で研究活動が活発化
  • データサイエンススキルの裾野拡大

統計データ利活用センターの施設紹介

オンサイト施設でできること

統計ミクロデータの利活用に当たっては、高い情報セキュリティの確保が必要です。入退管理やデータ管理されたセキュアな専用室のあるオンサイト施設だからこそミクロデータを安全に利用することができます。

※統計ミクロデータは、統計法に基づき利用を認められた研究などにおいてのみ活用可能なデータです。

所在地

アクセス

アクセスパターン
  • 新大阪駅:Osaka Metro 御堂筋線(約15 分)→なんば:南海本線特急(約60 分)→南海和歌山市駅→隣接:統計データ利活用センター
  • 新大阪駅:JR 特急くろしお(約60 分)→JR 和歌山駅:JR 紀勢本線(約6 分)→南海和歌山市駅→隣接:統計データ利活用センター
  • 新大阪駅:JR 特急くろしお(約60 分)→JR 和歌山駅:和歌山バス3番乗場(約15 分)→南海和歌山市駅→隣接:統計データ利活用センター
  • 関西国際空港:空港リムジンバス(約40 分)→JR 和歌山駅:JR 紀勢本線(約6 分)→南海和歌山市駅→隣接:統計データ利活用センター
  • 関西国際空港:空港リムジンバス(約40 分)→JR 和歌山駅:和歌山バス3番乗場(約15 分)→南海和歌山市駅→隣接:統計データ利活用センター

周辺地図

建物外観 周辺地図

連絡先

統計データ利活用センター

〒640-8203
和歌山県和歌山市東蔵前丁3-17
南海和歌山市駅ビルオフィス棟5 階
Tel 073-425-0205(代表)
 E-mail g-rikatsuyou@soumu.go.jp
ホームページ https://www.stat.go.jp/rikatsuyou/
ページトップへ