日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計図書館・統計相談 > 統計相談(統計図書館) > 統計データFAQ > 26A-Q04 容器包装リサイクル法に基づく分別収集量及び再商品化量

ここから本文です。

(最終更新)平成29年8月15日

26A-Q04 容器包装リサイクル法に基づく分別収集量及び再商品化量

 環境省が毎年度公表している「容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集量、再商品化量の実績について」により、容器包装廃棄物の分別収集量、再商品化量及び分別収集実施市町村数を調べることができます。

  • 分別収集及び再商品化の対象となる品目 : 無色のガラス製容器、茶色のガラス製容器、その他の色のガラス製容器、ペットボトル、紙製容器包装、ペットボトル以外のプラスチック製容器包装
  • 分別収集のみの対象となる品目 : スチール製容器、アルミ製容器、飲料用紙製容器、段ボール製容器

⇒  容器包装リサイクル法に基づく分別収集・再商品化の実績等について(環境省) 別ウィンドウで開きます。   毎年度 

 <問い合わせ先>  環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室 TEL:03-5501-3153

(参考)

  • 環境省総合環境政策局が取りまとめている「環境統計集(環境省) 別ウィンドウで開きます。」は、環境に関する各種統計を調べる際に便利です。

バック ホーム