日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計に関する国際協力 > 国際協力・交流 > タンザニア国家統計局統計データ提供能力強化プロジェクト研修

ここから本文です。

国際統計活動


タンザニア国家統計局 統計データ提供能力強化プロジェクト研修

統計局長表敬

統計局長表敬
独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施している「タンザニア国家統計局統計データ提供能力強化プロジェクト」の一環として、2004年11月3日から11月20日までタンザニア国家統計局総務部長(Mr. Festo Kwesi Muhula)の本邦研修が行われました。期間中、11月8日から11月15日まで、統計局、統計研修所及び独立行政法人統計センターにおいて同氏を受け入れ、研修を実施しました。


統計図書館での閲覧

統計図書館での閲覧
統計局では、「統計局の活動」、「統計データベースの管理運営」及び「統計の広報」について、各分野の専門の職員が講義をしました。また、政府統計の総合窓口である「統計データ・ポータルサイト」についてデモンストレーションを行いながら紹介しました。


統計研修所では、「政府職員に対する統計研修」についての講義のほか、「統計図書の閲覧・保管」及び「統計相談」業務並びに「総合統計書の編集」について詳細な説明を行いました。

OCR見学

OCR見学
統計センターでは、「統計データ処理の管理運営」についての講義のほか、電子計算機室に案内し、OCR(光学式文字読取装置)やホストコンピュータなどを紹介しました。


いずれの講義においても、Festo氏から熱心な質問があり、予定の時間を超えて、活発な意見交換が繰り広げられました。



バック ホーム

ページの先頭へ戻る