日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計に関する国際協力 > 国際的取り組みへの参加・協力 > 第27回人口センサス会議の開催

ここから本文です。

第27回人口センサス会議の開催

 総務省は、平成26 年11 月5日(水)から11 月7日(金)まで、アメリカ・アジア・太平洋統計局長会議(ANCSDAAP:Association of National Census and Statistics Directors of America, Asia and the Pacific)との共催により第27回人口センサス会議を開催しました。会議の冒頭、武藤総務大臣政務官は、主催国代表として挨拶を行いました。

 この会議には、18か国等及び4国際機関等から約60名が参加しました。今回のテーマは、「2010 年ラウンドセンサスの評価と次回ラウンドセンサスの計画」で、2005 年〜2014 年の間に各国において実施された人口センサス(国勢調査)の評価と、次回2015 年〜2024 年の間に予定している人口センサス(国勢調査)の実施計画について意見交換が行われました。

挨拶を行う武藤総務大臣政務官
挨拶を行う武藤総務大臣政務官
挨拶を行うヴィトラノANCSDAAP会長
挨拶を行うヴィトラノANCSDAAP会長
会議の様子−1(日本からの発表)
会議の様子−1(日本からの発表)
会議の様子−2
会議の様子−2
参加者の集合写真
参加者の集合写真

第27回人口センサス会議議事日程(仮訳)(PDF:104KB)
人口センサス会議の開催(PDF:224KB)
武藤総務大臣政務官のうごき別ウィンドウで開きます。
ANCSDAAP(英語)別ウィンドウで開きます。




バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る