日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 研究会・懇談会 > 速報性のある包括的な消費関連指標の在り方に関する研究会 > 速報性のある包括的な消費関連指標の在り方に関する研究会(第4回)

ここから本文です。

速報性のある包括的な消費関連指標の在り方に関する研究会(第4回)

議事次第及び配布資料

日時

  • 平成28年12月27日(火曜日) 13:30〜

場所

  • 総務省 省議室(中央合同庁舎2号館7階)

議事次第

  1. 開会
  2. 挨拶
  3. 議事
    (1)ビッグデータを活用したマクロ消費変動の推計について(事務局)
    (2)データのバイアスの理解と複数データ源からの推論の可能性(慶應義塾大学経済学部 星野教授)
    (3)需要側統計の改善について(事務局)
    (4)家計調査の改善・刷新に向けて(事務局)
    (5)意見交換
  4. 閉会

配布資料


バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る