日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 広報資料 > 統計調査結果の活用事例「統計は国民の共有財産」 平成27年版 目次 > 統計調査結果の活用事例「統計は国民の共有財産」 平成27年版 サービス産業動向調査

ここから本文です。

統計調査結果の活用事例「統計は国民の共有財産」 平成27年版 サービス産業動向調査

サービス産業動向調査 周期:毎月(月次調査) 毎年(拡大調査)

目的:サービス産業の生産・雇用等の動向を把握し、GDPの四半期別速報(QE)を始めとする各種経済指標の精度向上、サービス産業に係る政策の企画立案及び民間における研究分析や経済活動の意思決定等に資することを目的とする。

サービス産業動向調査PDF版はこちら(PDF:526KB)

1 国民経済計算の推計への利用

  • 四半期別GDP速報(QE)の供給側出荷額推計に売上高が利用されています。

2 地方公共団体における利用

  • 都道府県民経済計算や産業連関表の作成の参考資料として利用されています。
  • 都道府県の総合計画などにおけるサービス産業の振興策等の企画立案の基礎資料として利用されています。
  • サービス産業の現状分析や政策研究などの基礎資料として利用されています。

3 民間企業や学術研究機関等による利用

  • 宿泊業の売上高の推移に関する分析に利用されています。
  • 社会福祉・介護業の生産性に関する分析に利用されています。
  • 獣医業の市場規模の推移に関する分析に利用されています。

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る