日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

3 貯蓄・負債

(1) 貯蓄の状況

 勤労者世帯の1世帯当たり貯蓄現在高は1204万円で,平成11年と比べると2.1%の増加となっており,増加率は調査開始以来最も低くなっている。

 貯蓄年収比は161.3%で,平成11年と比べると14.4ポイントの上昇となっている。(図II -4,表II -4)

図 II -4  年間収入及び貯蓄現在高の推移(勤労者世帯)

図II-4 年間収入及び貯蓄現在高の推移(勤労者世帯) 

表 II -4 年間収入及び貯蓄現在高の推移(勤労者世帯)

表II-4 年間収入及び貯蓄現在高の推移(勤労者世帯) 

(2) 負債の状況

 勤労者世帯の1世帯当たり負債現在高は700万円となっている。平成11年と比べると12.6%の増加となっており,全世帯平均の増加率(3.0%)を上回っている。また,負債年収比(負債現在高の年間収入に対する比)は93.8%となっており,平成11年(77.4%)と比べると16.4ポイント上昇している。

 負債現在高のうち,住宅・土地のための負債は644万円となっており,負債現在高の92.0%を占めている。

 なお,住宅・土地のための負債保有率(住宅・土地のための負債を保有している世帯の割合)は41.8%となっており,平成11年(39.8%)と比べると2.0ポイント上昇している。(図II-5,表II-5)

図 II -5  年間収入及び負債現在高の推移(勤労者世帯)

 図II-5 年間収入及び負債現在高の推移(勤労者世帯)

表 II -5  年間収入及び負債現在高の推移(勤労者世帯)

表II-5 年間収入及び負債現在高の推移(勤労者世帯) 

バック ホーム

III 世帯属性別の家計 へ

ページの先頭へ戻る