日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

1 災害ボランティア活動を行った人の状況

災害ボランティア活動を行った人は、431万7千人で平成18年に比べ約3倍

 10歳以上の人について、過去1年間(平成22年10月20日〜23年10月19日)に災害ボランティア活動を行った人の数(行動者数。以下同じ。)は、431万7千人となっており、平成18年の132万人と比べると、約3倍となっている。男女別にみると、男性が184万人、女性が247万7千人となっている。
 なお、災害ボランティア活動を行った人の割合(行動者率。以下同じ。)は、3.8%で平成18年の1.2%と比べると、2.6ポイント上昇している。(図1)

図1 男女別災害ボランティア活動の行動者数(平成18年、23年)

35〜54歳の幅広い年齢層で5%以上の行動者率

 行動者率を年齢階級別にみると、40〜44歳が5.6%と最も高く、次いで35〜39歳及び45〜49歳が5.5%、50〜54歳が5.0%などとなっており、35〜54歳の幅広い年齢層で5%以上となっている。
 平成18年と比べると、全ての年齢階級で上昇しており、特に35〜49歳で4.0ポイント以上上昇している。(図2)

図2 年齢階級別災害ボランティア活動の行動者率(平成18年、23年)

雇用されている人の行動者率は、男女共に企業規模が大きくなるほど高い

 雇用されている人について、行動者率を男女、企業の従業者規模別にみると、社会貢献活動の一環として、ボランティア活動の支援などを行っていることもあり、男女共に企業の従業者規模が大きくなるほど高くなっている。(図3)

図3 男女、企業の従業者規模別災害ボランティア活動の行動者率−15歳以上、雇用されている人

在学者の行動者率は、小学生から大学院生まで全て上昇

 在学者について、行動者率を平成18年と比べると、「大学・大学院」を始め、全ての学校の種類で上昇しており、特に「大学・大学院」が5.3ポイントと大幅に上昇している。
 学校の種類別にみると、「大学・大学院」が6.0%と最も高くなっている。(図4)

図4 在学する学校の種類別災害ボランティア活動の行動者率(平成18年、23年)−在学者

バック ホーム

ページの先頭へ戻る