日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

3 年齢階級別にみたスポーツをした人の割合の変化

20〜30歳代でスポーツをした人の割合は25年前と比べ約20ポイント低下

 行動者率を年齢階級別に25年前と比較すると、60歳以上で上昇、60歳未満で低下し、特に20〜30歳代は約20ポイント低下しています。(図7)

図7 年齢階級別スポーツの行動者率(1986年、2011年)

登山・ハイキングは今も25年前も60歳以上で盛んに行われている

 1986年と比較可能な主な15種目について、15歳以上の行動者率の上位3種目を比較すると、1986年は水泳、ボウリング、野球の順位となっており、2011年はボウリング、器具を使ったトレーニング、登山・ハイキングの順位となっています。
 年齢階級別に最も行動者率が高い種目をみると、1986年では、50歳未満が水泳とボウリング、50歳以上が登山・ハイキングとなっています。一方、2011年では、50歳未満がボウリング、50歳代がゴルフ、60歳以上が登山・ハイキングとなっています。
 2011年では、50歳以上のゴルフや登山・ハイキングなど、特定の年齢階級で引き続き盛んな種目もありますが、1986年に上位にあった40歳未満のボウリングのように行動者率が大きく低下した種目や、20歳代のジョギング・マラソンとサッカーのように順位が大きく変動した種目もあります。(表)

表  年齢階級別スポーツの主な種目の行動者率・順位(1986年、2011年)

 前記の15種目のスポーツを年齢階級別に25年前と比較し、行動者率の変化の違いにより、
  ア 20歳以上の年齢階級で行動者率が上昇したスポーツ
  イ 20歳以上の年齢階級で行動者率の変化が少ないスポーツ
  ウ 50歳未満で行動者率が大きく低下し、特に15〜19歳で最も低下したスポーツ
  エ 50歳未満で行動者率が大きく低下し、特に20歳代で最も低下したスポーツ
 に分類して種目ごとの特徴を見ました。


【(1) 20歳以上の年齢階級で行動者率が上昇したスポーツ】

サイクリングやサッカーをした人の割合は20歳以上で上昇

 主に個人で行うスポーツにおいて、15〜19歳の行動者率は低下したものの、20歳以上の年齢階級で上昇している種目は、サイクリングで、20歳以上の年齢階級で2ポイント以上上昇しています。また、器具を使ったトレーニングの行動者率は、15〜24歳では低下しているものの、25歳以上の年齢階級では上昇しています。(図8、図9)
 一方、団体で行うスポーツでは、サッカーが20歳以上の年齢階級で上昇し、特に20歳代では8ポイント以上上昇しています。サッカーは20〜59歳で野球とは対照的な変化を示しています。(図10、図18)

図8  年齢階級別サイクリングの行動者率(1986年、2011年)

図9  年齢階級別器具を使ったトレーニングの行動者率(1986年、2011年)

図10  年齢階級別サッカーの行動者率(1986年、2011年)


【(2) 20歳以上の年齢階級で行動者率の変化が少ないスポーツ】

20歳以上で変化の少ないジョギング・マラソンをした人の割合

 15〜19歳の行動者率は低下したものの、20歳以上の年齢階級では比較的に変化が少ない種目は、ジョギング・マラソンで、今も25年前も20歳以上の人から一定の支持が得られていることがうかがわれます。(図11)

図11  年齢階級別ジョギング・マラソンの行動者率(1986年、2011年)


【(3) 50歳未満で行動者率が大きく低下し、特に15〜19歳で最も低下したスポーツ】

水泳をした人の割合は15〜19歳で40ポイント以上低下

 主に個人で行うスポーツにおいて、行動者率が50歳未満で大きく低下した種目は、水泳、卓球、バドミントン、登山・ハイキングで、特に15〜19歳で最も低下しています。水泳の15〜19歳の行動者率は40ポイント以上低下しています。(図12〜15)

図12  年齢階級別水泳の行動者率(1986年、2011年)

図13  年齢階級別卓球の行動者率(1986年、2011年)

図14  年齢階級別バドミントンの行動者率(1986年、2011年)

図15  年齢階級別登山・ハイキングの行動者率(1986年、2011年)

バレーボールをした人の割合は15〜19歳で30ポイント以上低下

 団体で行うスポーツにおいて、50歳未満の行動者率が大きく低下した種目は、バレーボール、ソフトボール、野球となっています。バレーボールは15〜19歳で30ポイント以上低下し、ソフトボールは50歳未満、野球は40歳未満という広範な年齢階級で10ポイント以上低下しています。(図16〜図18)

図16  年齢階級別バレーボールの行動者率(1986年、2011年)

図17  年齢階級別ソフトボールの行動者率(1986年、2011年)

図18  年齢階級別野球の行動者率(1986年、2011年)


【(4) 50歳未満で行動者率が大きく低下し、特に20歳代で最も低下したスポーツ】

ゴルフをした人の割合は25〜29歳で、テニス、ボウリング、スキー・スノーボードをした人の割合は20〜24歳で最も低下

 50歳未満で行動者率が大きく低下したスポーツのうち、25〜29歳で最も低下した種目はゴルフで、20〜24歳で最も低下した種目は、テニス、ボウリング、スキー・スノーボードです。
 これらの4種目は、バブル末期の1991年の行動者率が最も高かったことから、1991年と比較したところ、ゴルフ、スキー・スノーボード、テニスは20歳代では共に20ポイント以上低下し、ボウリングは15歳〜24歳で30ポイント以上低下していることが分かります。(図19〜図22)

図19  年齢階級別ゴルフの行動者率(1986年、1991年、2011年)

図20  年齢階級別スキー・スノーボードの行動者率(1986年、1991年、2011年)

図21  年齢階級別テニスの行動者率(1986年、1991年、2011年)

図22  年齢階級別ボウリングの行動者率(1986年、1991年、2011年)

バック ホーム

ページの先頭へ戻る