日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 統計トピックス > 統計トピックスNo.18 統計からみた我が国の高齢者−「敬老の日」にちなんで−

ここから本文です。

平成18年9月17日
総務省

統計トピックスNo.18

統計トピックスNo.18 統計からみた我が国の高齢者−「敬老の日」にちなんで− 65歳以上人口は総人口の2割超、75歳以上人口はほぼ1割

 総務省統計局では、「敬老の日」(9月18日)を迎えるに当たって、統計からみた我が国の高齢者のすがたについて取りまとめました。

要約

  1. 高齢者の人口
    • 65歳以上人口は総人口の2割超、75歳以上人口はほぼ1割
    • 国際的にみて高齢者の割合は最も高い水準
  2. 高齢者の就業
    • 高齢者の就業率は欧米諸国よりも高い
    • 高齢就業者の約4分の1が農林業就業者
  3. 高齢者の家計
    • 高齢者世帯の家計資産額の約9割は宅地資産と金融資産
    • 高齢者世帯の消費支出は交通・通信や教育の割合が低い
    • 高齢無職世帯の家計の赤字は前年より縮小

(見出しをクリックすると本文を見ることができます。)

【参考】高齢者
 この統計トピックスにおいては、65歳以上の方を「高齢者」としています。そのうち75歳未満の方を前期高齢者、75歳以上の方を後期高齢者と分けています。

【問い合わせ先】
統計調査部調査企画課企画係
TEL: (03)5273-1159
FAX: (03)5273-1183
E-Mail: メールソフトが起動しますr-kikaku@soumu.go.jp

【各項目に関する問い合わせ先】

  1. 高齢者の人口
    (推計人口)
    国勢統計課人口推計係
    (03)5273-1009
  2. 高齢者の就業
    (労働力調査)
    労働力人口統計室審査発表第一係
    (03)5273-1162
  3. 高齢者の家計
    (全国消費実態調査)
    消費統計課企画指導第二係
    (03)5273-1173
    (家計調査)
    消費統計課審査発表係
    (03)5273-1174

バック ホーム

ページの先頭へ戻る