日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

平成13年社会生活基本調査 用語の解説

3. 1日の生活時間に関する事項(生活時間編)(調査票A)

1日の行動を20種類に分類し,時間帯(15分単位)別の行動状況(同時に2種類以上の行動をした場合は,主なもの一つ)を調査した。

1.行動の種類

 20種類の行動は大きく3区分にまとめられ,睡眠,食事など生理的に必要な活動を「1次活動」,仕事,家事など社会生活を営む上で義務的な性格の強い活動を「2次活動」,これら以外の各人が自由に使える時間における活動を「3次活動」とした。

 20種類の行動とその3区分は,次のとおりである。

 なお,各行動の内容例示については「生活行動の種類と内容例示」を参照されたい。

2.その日の行動の種類

生活時間の調査日の状況を,次の区分で調査した。

  • 旅行(1泊2日以上)
  • 行楽(半日以上の日帰り)
  • 行事又は冠婚葬祭(半日以上の参加)
  • 出張・研修等
  • 療養
  • 休みの日(休暇,休日等)
  • その他の日(ふだんの日)

3.一緒にいた人

 1日の行動に関し,時間帯(15分単位)別に一緒にいた人を,次の区分で調査した。

 ここで「一緒にいた」とは,普通に会話ができる程度の距離にいる場合をいう。ただし,近くに知っている人が誰もいない場合や睡眠中は「一人で」としている。

  • 一人で
  • 家族
  • 学校・職場の人
  • その他の人

4.平均時間

 行動の種類別平均時間は,一人1日当たりの平均行動時間数で,総平均と行動者平均,曜日別平均と週全体平均とがある。

総平均…… 該当する種類の行動をしなかった人を含む全員についての平均。
行動者平均…… 該当する種類の行動をした人のみについての平均。
曜日別平均……

調査の曜日ごとに平均値を算出したもの。

「平日」(月〜金曜日の平均値),「月曜日」〜「日曜日」がある。

週全体平均……

次の式により曜日別結果を加重平均したもの。

(平日平均×5+土曜日平均+日曜日平均)÷7

5.行動者数

 調査日に当該行動をした人の数。

6.行動者率

 行動者数÷属性別の人口×100(%)

1. 個人属性に関する事項

2. 世帯属性に関する事項

4. 1年間の生活行動に関する事項(生活行動編)(調査票A)

5. 1日の生活時間に関する事項(生活時間詳細編)(調査票B)

バック ホーム

ページの先頭へ戻る