日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 平成16年サービス業基本調査 > 平成16年サービス業基本調査 調査の結果 > 平成16年サービス業基本調査(確報) 結果の概要 > 2 収入額

ここから本文です。

2 収入額

都道府県別収入額

収入額全体の約3割が東京,上位4都府県で約5割を占める

 収入額(151兆8159億円)の内訳を都道府県別にみると,東京都が41兆2212億円(収入額全体の 27.2%)と最も多く,次いで大阪府が13兆7147億円(同9.0%),神奈川県が9兆1811億円(同6.0 %),愛知県が8兆9598億円(同5.9%)となっており,上位4都府県で収入額全体の約5割を占めている。

図6-2 都道府県別収入額の構成比


1事業所当たりの収入額

東京都の1事業所当たりの収入額は全国平均の2.1倍

 都道府県別に1事業所当たりの収入額をみると,東京都が1億7051万円と最も多く,全国平均 7974万円の2.1倍となっている。このほか全国平均を超えたのは大阪府(9254万円),神奈川県(8744万円),千葉県(8433万円),愛知県(8048万円)の4府県となっている。

図6-3 都道府県別1事業所当たり収入額

バック ホーム

ページの先頭へ戻る