日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 労働力調査 > 産業分類別の結果について > 第10回改定日本標準産業分類による結果について

ここから本文です。

第10回改定日本標準産業分類による結果について

 労働力調査では,日本標準産業分類に基づく産業別の結果表章を行っています。
 第10回改定日本標準産業分類による結果は,参考値も含め,1953年〜2005年のデータが利用できます。


 e-Statの項目は,政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。
 ※ 『e-Stat』とは?
 ※ 統計データベースの利用方法

長期時系列表

 第10回改定日本標準産業分類による産業別就業者及び雇用者について,1953年〜2002年のデータを掲載しています。

<年平均> 長期時系列データ 第5表(3)・(6)

  • 第5表(3) 産業別就業者(男女計・男・女,1953年〜2002年)
  • 第5表(6) 産業別雇用者(男女計・男・女,1953年〜2002年)

<月次> 長期時系列データ 第1表 c-1・d-1

  • 第1表 c-1 産業別就業者(男女計のみ,1953年1月〜2002年12月)
  • 第1表 d-1 産業別雇用者(男女計のみ,1953年1月〜2002年12月)【原数値のみ】

1953年〜2002年の結果表・データベース e-Stat

注)統計表は2000年以降のデータを掲載しています。
   2000年以前のデータをご覧になりたい方は,下記のリンク先より2000年〜2002年の任意の時点を選択し,【DB】ボタンから参照してください。
   また,1999年以前のデータの一部はインターネット上に掲載されておりませんので,統計図書館で結果表を閲覧してください。(「報告書等の利用について」参照)

1953年〜2002年
基本集計 月次結果 全国
四半期平均 全国
地域
年平均 全国
地域
年度平均 全国
詳細集計 四半期平均 全国
年平均 全国

(参考値)第10回改定日本標準産業分類による結果

 第10回改定日本標準産業分類による就業者数(基本集計 結果原表第9表及び第11表)について,2003年〜2005年の結果を参考値として掲載しています。


産業分類別の結果について

第12回改定日本標準産業分類による結果について

第11回改定日本標準産業分類による結果について



バック ホーム

ページの先頭へ戻る