日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

統計表で用いられる地域区分の解説

センサスくん 国勢調査ロゴマーク

  国勢調査の結果の集計では,多くの統計表が,全国についてだけでなく,都道府県別,市区町村別に作成されています。さらに,基本的な統計表については,市区町村の区域を町丁・字等によって区分した集計も行われています。また,統計上の地域区分として設けられている人口集中地区,大都市圏,地域メッシュなどの区域についての統計表も作成されています。

ここでは,これら国勢調査の統計表で用いられている地域区分について解説しています。

  1. 都道府県・市区町村
  2. 市部・郡部
  3. 人口集中地区など
  4. 大都市圏・都市圏とその中心市・周辺市町村
  5. キロ圏・距離帯
  6. 基本単位区
  7. 町丁・字等
  8. 地域メッシュ
  9. その他
  10. 「平成17年国勢調査報告」等における集計地域区分に関する注意

バック ホーム

ページの先頭へ戻る