日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

2 従業上の地位

センサスくん 国勢調査ロゴマーク

65歳以上の女性の雇用者の割合が上昇

  • 就業者(6151万人)を従業上の地位別にみると,雇用者(「役員」を含む。)が5167万人(就業者数の84.0%),自営業主(「家庭内職者」を含む。)が674万人(同11.0%),家族従業者が308万人(同5.0%)となっている。雇用者のうち,常雇は4062万人で平成12年に比べ3.4%減少となる一方,臨時雇は772万人で12年に比べ14.8%増加となっている。(表3)
  • 就業者を年齢階級別にみると,平成12年に比べ男女共に55〜59歳で最も増加している。また,雇用者のうち臨時雇を年齢階級別にみると,男性は60〜64歳,女性は55〜59歳で最も増加している。(表4)
  • 65歳以上就業者(542万人)の従業上の地位別割合をみると,女性では家族従業者の割合が38.6%と2.5ポイント低下する一方,雇用者の割合が40.4%と3.7ポイント上昇し,初めて家族従業者の割合を上回った。(表3,図2)
  • 従業上の地位別就業者の割合を都道府県別にみると,雇用者の割合は神奈川県(89.8%),雇用者のうち臨時雇の割合は沖縄県(16.6%),自営業主の割合は高知県(16.2%),家族従業者の割合は青森県(9.4%)がそれぞれ最も高くなっている。(別表2)


表3 従業上の地位,男女別15歳以上就業者数-全国(平成12年,17年)


表4 年齢,従業上の地位,男女別15歳以上就業者数 - 全国(平成12年,17年)

図2 従業上の地位,男女別65歳以上就業者数の割合 - 全国(平成12年,17年)
← 1 労働力状態

3 産業 →

バック ホーム

ページの先頭へ戻る