日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 科学技術研究調査 > 調査の結果 > 統計トピックス(科学技術研究調査) > 重点4分野の研究費は5兆円-「科学技術週間」にちなんで-

ここから本文です。

平成15年4月11日
総務省

統計トピックスNo.2

重点4分野の研究費は5兆円-「科学技術週間」にちなんで-

平成14年科学技術研究調査の結果から

 平成14年科学技術研究調査の結果から、第2期科学技術基本計画(平成13年3月30日閣議決定)で重点分野とされている4分野(ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料)の研究費(平成13年度)をみると、以下の状況となっている。

4分野別にみると・・・

分野別研究主体別研究費

4分野における各研究主体の構成比

 4つの重点分野の研究費の合計は、5兆2556億円となっており、我が国の研究費総額(16兆5280億円)の約3割に相当する。これを分野別にみると、「情報通信」が2兆2520億円と最も多く、以下、「ライフサイエンス」(1兆9743億円)、「環境」(6787億円)、「ナノテクノロジー・材料」(3506億円)の順となっている。
 各分野における研究主体の構成比をみると、すべての分野において企業等の割合が最も高く、特に「情報通信」については91.5%と大半を占めている。また、「ライフサイエンス」については、大学等の割合が他の分野に比べて高くなっている。

企業等の研究費を産業別にみると・・・

 「ライフサイエンス」では、医薬品工業が6980億円と最も多く、「ライフサイエンス」全体に占める割合も約7割となっており、以下、総合化学・化学繊維工業、食品工業の順となっている。
 「情報通信」では、電気機械工業が1兆2129億円と最も多く、「情報通信」全体に占める割合は約6割となっており、以下、運輸・通信・公益業、精密機械工業、ソフトウェア・情報処理業の順となっている。
 「環境」では、自動車を中心とした輸送用機械工業が1914億円と最も多く、以下、学術研究機関(民間の研究所など)、機械工業の順となっている。
 「ナノテクノロジー・材料」では、総合化学・化学繊維工業が711億円と最も多く、次いで、電気機械工業、機械工業の順となっている。

ライフサイエンス/情報通信

環境/ナノテクノロジー・材料

◆ 科学技術研究調査とは・・・

 我が国における科学技術に関する研究活動の状態を調査し、科学技術振興に必要な基礎資料を得ることを目的とし、総務省統計局が毎年実施している統計調査です。
 調査結果は統計表として文部科学省等の関係府省に提供され、科学技術基本計画など政策立案上の検討資料として用いられます。
 なお、今回取り上げた重点4分野の研究費は、平成14年科学技術研究調査から「特定目的別研究費」として調査しています。



お問い合わせは・・・
総務省統計局統計調査部経済統計課 科学技術研究調査係
〒162-8668 東京都新宿区若松町19番1号
電 話: (03)5273-1169(ダイヤルイン)
FAX:  (03)5273-1498
E-Mail: e-kagaku@soumu.go.jp

バック ホーム

ページの先頭へ戻る