日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

2 住まいの耐震性 〜 古い住宅の耐震性の状況は都道府県によって大きな差

 地震国と言われる我が国では,昭和53年の宮城県沖地震の後に耐震基準が抜本的に見直され,昭和56年から住宅についての新しい耐震基準が施行されています。
そこで,耐震基準が見直される前の昭和55年以前に建てられた古い住宅について,耐震診断と耐震改修工事の視点から,耐震性の状況を見てみます。

持ち家の3分の1は昭和55年以前に建てられて耐震診断も耐震改修工事もしていないもの,25県では4割超

○  持ち家(3032万戸)のうち,昭和55年以前に建てられて耐震診断も耐震改修工事もしていないものは1038万戸で,持ち家全体の3分の1(34.2%)となっています。

○  都道府県別にみると,島根県が51.2%と最も高く,県内の持ち家の半数以上を占めています。次いで,鳥取県が46.7%,秋田県が46.0%などとなっており,25県で4割を超えています。
  一方,最も割合の低い神奈川県(25.0%)を含む関東・東海地方のうち6都県は2割台後半となっており,都道府県によって住まいの耐震性の状況に大きな差が見られます。

表3 昭和55年以前に建てられて耐震診断も耐震改修工事もしていない持ち家数 図3  昭和55年以前に建てられて耐震診断も耐震改修工事もしていない持ち家の割合


「追加集計について」へbutton

「1 単身世帯の住まい方 〜 若者と高齢者で,また男女でも大きな違い」へbutton

 

バック ホーム

ページの先頭へ戻る