日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

平成15年住宅・土地統計調査 調査の結果

推定方法

 表章地域ごとに平成15年住宅・土地統計調査調査単位区別の調査結果に,その調査単位区内の調査対象住戸の抽出率の逆数(調査単位区内総住戸数/調査単位区内調査住戸数),標本調査区を分割して調査単位区とした場合はその分割数及びその調査単位区を含む標本調査区に適用された抽出率(表1)の逆数の積を乗じて合算し,平成15年10月1日現在の市区町村別総人口に合致するよう一定に比率を乗じた。
 なお,調査票甲及び乙に共通した調査事項のみで集計する結果表の推定値については,両調査票の全数を用いて推定したが,調査票乙のみの調査事項に関する結果表は調査票乙のみで推定した。この結果,同一の集計項目であっても結果数値が異なることがある。

表1 指定調査区の抽出率

バック ホーム

ページの先頭へ戻る