日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 事業所母集団データベース(ビジネスレジスター) > 事業所母集団データベースの整備

ここから本文です。

事業所母集団データベースの整備

データベースへ収録する情報

統計調査の結果情報

 事業所母集団データベースの基盤となるのは、経済センサス‐基礎調査及び経済センサス‐活動調査の結果です。

 また、各府省等で実施している統計調査の結果についても、各情報の有用性等を検討し収録していきます。

経済センサス

行政記録情報

 統計法(平成19年法律第53号) 別ウィンドウで開きます。 第27条の規定に基づき、労働保険情報及び商業・法人登記情報を活用して「事業所・企業照会」業務を実施しています。

事業所・企業照会事業

取組の現状

平成19年5月

  • 統計法の改正
    総務大臣が整備するデータベースとして、新たに事業所母集団データベースの整備を法律上規定

平成21年3月

  • 「公的統計の整備に関する基本的な計画(閣議決定)」の策定

平成23年3月

平成25年1月

  • システムの開発を完了、運用を開始

平成25年6月

  • 年次フレームの作成・提供開始

平成26年3月

  • 第II期の「公的統計の整備に関する基本的な計画(閣議決定)」の策定

※年次フレームとは、毎年度の決められた時点を基準に、経済センサスの調査票情報を基礎として、各種行政記録情報及び統計調査結果等により整備した母集団情報であり、事業所に関する統計調査の対象の抽出又は事業所に関する統計の作成を行うことを目的として国の行政機関、都道府県、政令指定都市等に提供する母集団情報です。

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る