日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計消費状況調査 > 過去の調査関連情報 > 家計消費状況調査の流れ(平成26年12月以前)

ここから本文です。

家計消費状況調査の流れ(平成26年12月以前)

この調査は、次のような流れで行われます。


総務省統計局
  調査の企画を行います。
調査対象となる地域を選定します。
民間調査機関(※)
  調査員訓練会及び調査員事務説明会を開催します。
地域の名簿を作成し調査世帯を選定します。
調査員
  選定された世帯を訪問し、調査票の記入を依頼します。
調査世帯
  調査票を受け取り記入します。
 
調査員による回収
  調査票を取集し、民間調査機関に提出します。
  郵送による提出
調査票を民間調査機関に郵送します。
(調査員による回収か郵送による提出かは、月によって異なります)
 
民間調査機関
  全国の調査票を集めてコンピューターで入力します。
総務省統計局
  調査結果を集計し、インターネットなどを通じて公表します

 ※民間の調査機関について
   平成27年1月から6月までは、2つの調査実施機関(「家計消費状況調査事務局」( (株)サーベイリサーチセンター別ウィンドウで開きます。 (株)インテージリサーチ別ウィンドウで開きます。が運営)及び「家計消費状況調査実施本部」((一社)新情報センター別ウィンドウで開きます。が運営))がそれぞれ異なる地域で調査を実施しています。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る