日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計消費状況調査 > 家計消費状況調査の概要

ここから本文です。

家計消費状況調査の概要 

調査の目的

 個人消費動向の的確な把握のために、ICT関連の消費やインターネットを利用した購入状況、購入頻度が少ない高額商品・サービスの消費等の実態を安定的に捉えることを目的とする。

調査の対象と選定方法

 この調査は、施設等の世帯を除いた全国の世帯を対象として、層化2段抽出法(第1段−調査地点、第2段−世帯)により選定された二人以上の世帯と単身世帯を調査対象としている。

(1) 調査地点の抽出

        全国を地方別都市階級別に層化し、合計3,000の調査地点(国勢調査調査区)を抽出する。

(2) 調査世帯の抽出

        各調査地点から10世帯を選定し、合計約30,000世帯を対象とする。
        なお、10世帯のうち1世帯を単身世帯とする。

 選定に当たっては特定の世帯が続けて調査の対象にならないように配慮している。

調査事項

 次に掲げる事項を調査する。

(1) 世帯の状況に関する事項

  • 世帯に関する事項
  • 電子マネーの利用状況
  • インターネットを利用した購入状況

(2) 毎月の特定消費等に関する事項

  • 世帯に関する事項(前月との変更)
  • 特定の商品・サービスの購入金額
  • 支出総額
  • インターネットを利用した商品・サービスの購入金額(ネットショッピング)

 調査事項の解説

調査の方法

 調査は、民間の調査機関に委託し、調査員による留置き調査法(オンラインも併用)とする。なお、調査票の回収は調査員による回収、郵送による回収及びオンライン調査システムによる回収の併用により実施する。
 原則として、調査員による回収、郵送による回収は、調査1か月目分及び6か月目分は調査員による回収、それ以外の月分は郵送による回収とする。調査票は調査協力依頼時と調査員による調査票回収時に配布する。また、調査票は調査月の翌月上旬に回収する。

 調査の流れ

調査の時期

 調査は毎月実施する。

調査世帯の交替

 調査世帯は、1年間継続して調査し、別の世帯に交替する。
 世帯は、全調査世帯を12のグループに分け、グループごとに定期的に交替する。したがって、それぞれのグループごとに1年後に別の世帯に交替する。個々のグループは調査世帯全体の12分の1の約2,500世帯とし、毎月1グループずつ、ずらして調査を開始する。
 住居の移転等で調査を継続することができなくなった世帯は、調査予定期間が3か月以上残されている場合には、臨時的に代替の世帯を選定して残りの月の調査を行うものとする。

集計

(1) 主な集計事項

  • 世帯に関する事項
  • 電子マネーの利用状況
  • インターネットを利用した購入状況
  • 特定の商品・サービスの購入金額
  • 支出総額
  • インターネットを利用した商品・サービスの購入金額(ネットショッピング)

(2) 推定式

 全国平均や地方別平均の推計は、層別の抽出率の逆数(線形乗率)に対して労働力調査の世帯分布結果(参考表:地方,世帯人員別の世帯数分布)を基に補正を行ったものをウェイトに用いて行っている。
 ただし、単身世帯については、線形乗率を1として、労働力調査の世帯分布結果を基に補正を行って、結果を推定している。
 四半期及び年平均については、月別結果の単純平均として算出している。


  • 世帯数の推定式
     世帯数は、層別の世帯抽出率の逆数(線形乗率)に対して労働力調査の世帯分布結果を基に補正を行った数値(ウエイト)を足し上げて推定しています
  • 支出金額の月平均の推定式
      支出金額は、世帯数の推定式で用いたウエイトに支出金額を乗じて足し上げたものを、推定世帯数で除することにより、平均としています

(3)実質増減率の算出方法

 特定の商品・サービスの各品目ごとの対前年同月実質増減率は次式により求めている。
 物価の変動分を除く実質増減率は、消費者物価指数の変化率の影響分を除くことによって算出しています

業務の実施機関

 実地調査については、「家計消費状況調査実施本部」((一社)新情報センター別ウィンドウで開きます。が運営)(フリーコール:0120-00-4612)に委託して実施している。

 調査結果の集計については、独立行政法人統計センターに委託して実施している。

その他

 この調査は、統計法別ウィンドウで開きます。(平成19年法律第53号)に基づく一般統計調査として実施している。
 調査員をはじめ調査に携わる者が、調査によって知り得た事柄を他に漏らすことは同法で固く禁じられている。
 なお、集められた調査票は、厳重に管理され、統計を作成した後、溶解処分される。

過去の家計消費状況調査の概要

平成26年以前の概要はこちら

バック ホーム

ページの先頭へ戻る