日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計消費状況調査 > 東日本大震災の調査実施への影響に対する家計消費状況調査結果における推計方法について

ここから本文です。

平成23年11月15日



東日本大震災の調査実施への影響に対する家計消費状況調査結果における推計方法について



 平成23年3月分以降の家計消費状況調査結果においては,東日本大震災の影響により調査票を回収することができなかった地域について,東北地方で調査票を回収できた地域の結果で補完した推計を行っている。具体的には,東北地方について,推計に用いる世帯分布(二人以上の世帯では世帯人員別,単身世帯では男女年齢階級別の分布)を震災発生前の分布に固定した上で,調査票の回収ができずに欠落した分を,東北地方で調査票を回収できた他の地域の結果で補完することにより,全国結果を推計している。


東北地方の有効回答率

調査年月 総世帯 (%) 二人以上の世帯 (%) 単身世帯 (%)
平成22年平均(参考) 71.4 71.8 67.8
平成23年3月分(確報) 56.4 57.4 47.2
平成23年4月分(確報) 72.4 73.4 63.5
平成23年5月分(確報) 77.8 78.9 68.8
平成23年6月分(確報) 75.8 76.4 70.8
平成23年7月分(確報) 71.2 71.9 65.6
平成23年8月分(確報) 72.3 72.7 69.2
平成23年9月分(確報) 77.0 77.6 71.2

バック ホーム

ページの先頭へ戻る