日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 家計消費状況調査

ここから本文です。

家計消費状況調査

家計消費状況調査は、世帯を対象として、購入頻度が少ない高額商品・サービスの消費やICT関連消費の実態を毎月調査しています。調査結果は、個人消費動向の分析のための基礎資料として利用されるとともに、我が国の景気動向を把握するための基礎資料としても利用されています。


※家計消費状況調査は、平成29年1月調査分から調査項目を変更しました。そのため、平成29年1月調査結果分からいくつかの結果表も変更になりますので、時系列推移を見る場合などはご留意ください。
  結果表の変更について(平成29年1月分から)


※平成29年2月17日に公表した平成28年平均結果表のうち「ICT関連項目−インターネットを利用した購入状況」の一部に誤りが判明しました。そのため、政府統計の総合窓口「e-Stat」に掲載している結果表については、当該箇所(総世帯及び二人以上の世帯のインターネットを利用した支出総額)を削除いたしました。後日、正誤情報と併せて掲載いたしますのでご注意ください。


※家計調査及び家計消費状況調査を装った不審な電話にご注意ください。家計消費状況調査では、調査世帯の方から御回答いただいた内容確認以外の、電話による個別の聞き取り調査を行っておりません。
   不審に思われた場合は、問い合わせ先までお問い合わせください。

調査をお願いしている皆様へ



○ 平成29年1月分のネットショッピング支出額は、1年前に比べ名目33.3%の増加で、対前年名目増減率に寄与した主な項目は、「旅行関係費」の7.86%及び「音楽・映像ソフト等」の-0.11%(名目寄与度)(PDF:224KB)

お知らせ

更新情報

     <1.結果の公表関係>      <2.家計消費状況調査通信>

お知らせ、更新情報(1.結果の公表関係2.家計消費状況調査通信)をさらに見る

※ 本調査の統計データを引用・転載する場合には、出典(総務省「家計消費状況調査結果」)の表記をお願いします。

※ 著作権については、サイトの利用についてをご覧下さい。


バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る