日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

2000年12月31日付:統計局インフォメーション(NO.167)

総務庁統計局

平成12年12月31日

巳(み)年生まれは1008万人

(平成13年1月1日現在)


 平成13年1月1日現在の推計人口によると,巳(み)年の年男,年女は1008万人(総人口1億2700万人に占める割合7.9%)となっている。男女別にみると,男性は492万人,女性は516万人で,女性の方が24万人多くなっている。

 巳(み)年生まれの人口を出生年別にみると,昭和16年生まれ(平成13年中に60歳になる人)が182万人で最も多く,次いで昭和40年生まれ(同36歳になる人)が179万人,昭和52年生まれ(同24歳になる人)が174万人,昭和28年生まれ(同48歳になる人)が174万人,平成元年生まれ(同12歳になる人)が125万人となっている。(図1,付表1)

 なお,年男,年女のうち,還暦をむかえる60歳になる人口が最も多くなったのは,十二支別人口の推計開始以来初めてである。

 総人口を十二支別にみると,丑(うし)年の1152万人が最も多く,次いで子(ね)年(1128万人),辰(たつ)年(1121万人),寅(とら)年(1113万人),亥(い)年(1112万人)の順で,巳(み)年は10番目となっている。 (図2,付表2)

図1 出生年別の巳年生まれの人口
図1 出生年別辰年生まれの人口  

図2 十二支別人口
図2  十二支別人口  

注) 数値は万人単位に四捨五入してあるので,内訳の合計は必ずしも総数に一致しない。
  なお,総人口に占める出生年別の割合は,それぞれ万人単位の数値で算出した。  

付表1 巳年生まれの人口(平成13年1月1日現在)
付表1 辰年生まれの人口  

付表2 十二支別人口とその順位(平成13年1月1日現在)
付表2 十二支別人口とその順位  

注) 数値は万人単位に四捨五入してあるので,内訳の合計は必ずしも総数に一致しない。
  なお,総人口に占める出生年別人口の割合は,それぞれ万人単位の数値で算出した。

付図 男女別 出生年別 巳年生まれの人口
図3 男女,出生年別 辰年生まれの人口

※推計人口は,国勢調査による人口を基礎に,その後の人口動向を他の人口資料から得て算出している。

バックホーム

ページの先頭へ戻る