日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 人口推計> 人口推計の概要,推計結果等> 人口推計の結果の概要> 人口推計(平成26年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

ここから本文です。

人口推計(平成26年10月1日現在)
‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

平成27年4月17日公表

e-Statの項目は,政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。

 人口推計(平成26年10月1日現在)結果の要約

全国人口

総人口は21万5千人の減少,日本人人口は減少幅が拡大

  • 総人口は1億2708万3千人で,前年に比べ21万5千人(0.17%)の減少と減少幅は縮小したものの,4年連続で大きく減少しています。
  • 日本人人口は1億2543万1千人で,前年に比べ27万3千人(0.22%)の減少と減少幅は拡大しています。
  • 戦後(昭和20年8月15日以降)生まれの人口は1億203万4千人,総人口に占める割合は80.3%となり,初めて総人口の8割を超えました。
    (結果の概要 1〜2,6ページ)

8年連続の自然減少,減少幅は拡大

  • 自然増減は8年連続の自然減少となり,減少幅は拡大しています。
  • 男女別にみると,男性は10年連続,女性は6年連続の自然減少となっています。(結果の概要 2〜3ページ)

日本人は4年連続の社会減少,外国人は2年連続の社会増加

  • 社会増減は2年連続の社会増加となっています。
  • 日本人・外国人の別にみると,日本人は2万3千人の減少で,4年連続の社会減少となっています。外国人は2年連続の社会増加となり,増加幅は前年に比べて拡大しています。(結果の概要 2〜3ページ)

表1 男女別人口の推移(平成14年〜26年)

図1 総人口の人口増加数及び人口増減率の推移(昭和25年〜平成26年)

65歳以上人口が年少人口の2倍を超える

  • 年少人口(0〜14歳)は1623万3千人で,前年に比べ15万7千人の減少となっています。
  • 生産年齢人口(15〜64歳)は7785万人で,前年に比べ116万人の減少となっています。
  • 65歳以上人口は3300万人で,前年に比べ110万2千人の増加となり,初めて年少人口の2倍を超えました。(結果の概要 4〜5ページ)

8人に1人が75歳以上人口となる

  • 年少人口の割合は12.8%となり,過去最低となっています。
  • 生産年齢人口の割合は61.3%となり,平成4年(69.8%)以降,低下を続けています。
  • 65歳以上人口の割合は26.0%となり,過去最高となっています。
  • 75歳以上人口の割合は12.5%となり,初めて8人に1人が75歳以上人口となっています。(結果の概要 4〜5ページ)

図2 我が国の人口ピラミッド(平成26年10月1日現在)

図3 年齢3区分別人口の割合の推移(昭和25年〜平成26年)

都道府県別人口

人口増加は7都県,そのうち東京圏の1都3県で増加率が上昇

  • 人口増減率を都道府県別にみると,増加は7都県となっており,東京都(0.68%)が最も高く,次いで沖縄県(0.40%),埼玉県(0.23%)などとなっています。
    この7都県のうち,前年に比べ増加率が上昇したのは東京都,埼玉県及び神奈川県で,減少から増加に転じた千葉県を含めると,東京圏の1都3県で人口増加率が上昇しています。
  • 一方,減少は40道府県となっており,秋田県(-1.26%)が最も低く,青森県(-1.08%),高知県(-0.96%)などとなっています。
    この40道府県のうち,30道府県で減少幅が拡大,6県で減少幅が縮小しており,福島県(0.24ポイント)が前年に引き続き最も縮小しています。また,宮城県及び滋賀県は増加から減少に転じています。

図4 都道府県別人口増減率

表2 都道府県別人口増減率

  • 人口が増加した7都県は全て社会増加となっており,うち4都県は自然増加,3県は自然減少となっています。千葉県は社会増加が自然減少を上回ったことにより,前年の人口減少から人口増加に転じています。
  • 人口が減少した40道府県のうち,宮城県及び滋賀県を除く38道府県は自然減少かつ社会減少となっています。宮城県は自然減少が社会増加を上回ったことにより,滋賀県は前年の社会増加が社会減少になったことにより,人口増加から人口減少に転じています。
    (結果の概要 8〜11ページ)

図5 都道府県別人口の増減要因(自然増減率及び社会増減率)

表3 人口増減要因別都道府県

全ての都道府県で65歳以上人口の割合が上昇

  • 年少人口(0〜14歳)の割合が最も高いのは沖縄県(17.5%)となっています。
  • 生産年齢人口(15〜64歳)の割合が最も高いのは東京都(66.2%)となっています。
  • 65歳以上人口及び75歳以上人口の割合が最も高いのは秋田県(32.6%,18.1%)となっています。
  • 全ての都道府県で65歳以上人口の割合が上昇し,沖縄県を除く都道府県で75歳以上人口の割合が1割を超えています。
    (結果の概要 12〜13ページ)

表4 都道府県,年齢3区分別人口の割合(各年10月1日現在)

 結果の概要

全国人口

  1. 人口の動向(PDF:268KB)
  2. 年齢別人口(PDF:256KB)

都道府県別人口

  1. 人口の動向(PDF:289KB)
  2. 年齢別人口(PDF:253KB)

統計表

以下の統計表はエクセルファイル形式です。

[注意]  数値は表章単位未満の位で四捨五入しているため,合計の数値と内訳の計は必ずしも一致しません。

ファイル(PDF形式)一括ダウンロード

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る