日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 経済センサス > 経済センサス総合ガイド > 活動調査 > 活動調査のしくみ > 活動調査の目的・法的根拠

経済センサス総合ガイド

ここから本文です。

調査のしくみ

活動調査の目的・法的根拠

調査の目的・法的根拠

 我が国の全産業分野における事業所及び企業の経済活動の実態を全国的及び地域別に明らかにするとともに、事業所及び企業を調査対象とする各種統計調査の精度向上に資 する母集団情報を得ることを目的としています。

 これまで、我が国の産業を対象とする大規模統計調査は、産業分野 ごとに、各府省によりそれぞれ異なる年次及び周期で実施されてきました。このため、既存の大規模統 計調査の結果を統合しても同一時点における我が国全体の包括的な産業構造統計を作成できない状況にありました。  また、国民経済に占める割合が高くなっているサービ ス分野の統計が不足しており、GDPを推計するための基礎統計として、全産業をカバーする一次統計の情報を整備することが求められておりました。

 活動調査は、全産業分野の売上(収入)金額や費用などの経理項目を同一時点で網羅的に把握する我が国唯一の統計調査として新たに実施するものであり、日本の経済活動の 実態を明らかにする、「日本の経済力」を知るための調査です。

 活動調査は、「統計法」(平成19年法律第53号)という法律に基づいた基幹統計調査として実施します。





バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る