日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 消費者物価指数(CPI) > 消費者物価指数(CPI)結果 > 消費者物価地域差指数の概要

ここから本文です。

消費者物価地域差指数の概要

1 消費者物価地域差指数の作成の範囲

 消費者物価地域差指数は、都道府県庁所在市及び政令指定都市(川崎市、浜松市、堺市及び北九州市)の51市について、51市の平均を基準(=100)とした年平均の指数を作成する。
 なお、作成する系列は、総合(持家の帰属家賃を除く)、食料及び家賃を除く総合の3系列である。

2 価格資料

 指数計算に用いる価格資料は、原則として小売物価統計調査によって得られた小売価格である。

3 ウエイト

 指数計算に用いるウエイトは、作成年における家計調査の全国平均1世帯当たり品目別消費支出金額であり、作成方法は消費者物価指数と同様である。

4 価格算式

51市別年平均価格の算出

 51市別の品目別年平均価格は、上記価格資料を用いて1月から12月の価格を単純平均して算出する。月別の価格に「欠」がある場合には、価格のある月のみで計算する。
 ただし、生鮮食品については各市の月別ウエイトで加重平均して算出する。

(生鮮食品以外)

価格算式1


(生鮮食品)

価格算式2


価格算式3

51市平均価格の算出

 51市平均価格は、品目ごとに51市別の年平均価格を各市のウエイトで加重平均して算出する。


価格算式4


価格算式5

5 指数算式

品目別価格指数(51市平均=100)の算出

 各市の年平均価格を51市平均価格で除して算出する。

指数算式1

指数算式2

類指数の算出

 品目別価格指数を全国の品目別ウエイトで加重平均して算出する。

指数算式3

指数算式4

バック ホーム

ページの先頭へ戻る