日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計データ > 消費者物価指数(CPI)

ここから本文です。

消費者物価指数(CPI)

 消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するものです。 すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもので、毎月作成しています。 指数計算に採用している各品目のウエイトは総務省統計局実施の家計調査の結果等に基づいています。 品目の価格は総務省統計局実施の小売物価統計調査によって調査された小売価格を用いています。 結果は各種経済施策や年金の改定などに利用されています。

全国 平成26年(2014年)8月分 前年同月比
総合:3.3%  生鮮食品を除く総合:3.1%  食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合:2.3%

お知らせ

  • 次回の公表は、平成26年10月31日 午前8時30分です。

更新情報

さらに見る

※ 本統計のデータを引用・転載する場合には、出典(総務省「消費者物価指数」)の表記をお願いします。

※ 著作権については、「サイトの利用について」をご覧ください。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る