現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

3月13日  青函トンネルが開通した日

 3月13日は「青函トンネルが開通した日」です。

 昭和63年3月13日、本州と北海道を結ぶ青函トンネルが開通しました。

 青函トンネルは、日本鉄道建設公団によりトンネル建設技術の粋(すい)を集めて建設されたトンネルです。トンネルの長さは53.85kmもあり、海底トンネルとしては世界最長を誇ります。工事にかかった期間は24年間、総工事費は約6900億円、使用したセメントの量は約85万トンで、セメント袋を積み上げると富士山の850倍にもなるそうです。

 「青函トンネルが開通した日」にちなんで、青函トンネルの年間利用人員数を見てみましょう。


青函トンネル年間利用人員数の推移(平成22年〜平成28年)

出典:JR北海道


 JR北海道によると、平成28年の年間利用人員数は延べ228万人で、北海道新幹線開業前の平成27年よりも約1.6倍増加しています。機会があれば皆さんも利用してみてはいかがでしょうか。


一覧へ