令和4年10月1日 安心して働ける明日へ。就業構造基本調査

統計法に基づき5年ごとに実施する国の重要な統計調査です

就業構造基本調査は、正規・非正規雇用者の
就業状況の違い、
高齢層・若年層の就業状況、
育児・介護と就業の関係などについて調査し、
これらを全国、地域別に明らかにすることを
目的としています。
また、この調査は、国が実施する統計調査のうち、
統計法(平成19年法律第53号)という
法律により
特に重要なものとされている「基幹統計調査」として
実施する調査です。
昭和31年から57年まで概ね3年ごと、
昭和57年以降は5年ごとに実施し、
今回が18回目の調査となります。

調査について詳しく知る

みなさまの就業状況などについて正しく把握するための調査です!!

調査の結果はこのように利用されています

就業構造基本調査の結果は、働き方改革の推進に向けた
各種取組など、
国や地方公共団体の政策の基礎資料として
幅広く使われています。

  • ワーク・ライフ・バランスの実現!!
  • 介護と仕事の両立!!
  • 副業をしやすい環境に!!
  • 多様な人材の就業促進!!
色々いろいろなことに活かされているんですね!!

調査について詳しく知る 調査結果の活用事例について詳しく見る