国勢調査2020

総務省統計局

国勢調査員の体験談

説明会に参加している様子のイラスト

H.Uさん
国勢調査員回数7回

「頑張ってね」と優しい言葉をいただいたときは嬉しかったです。

姉から引き継いだことをきっかけに、調査員の仕事を始めました。信用・信頼されていないとできない仕事なので、役所から選ばれていることをやりがいに感じています。
以前、100世帯以上を調査したときに1階のインターホンで一軒ずつ確認して訪問していたところ、管理人さんから「大変なお仕事ですね、一軒一軒丁寧にお願いして頭が下がります」といってくださいました。何日も訪問していると「何号室の方は休日のほうが良いですよ」と教えていただき、「頑張ってね」と優しい言葉をいただいたときは嬉しかったです。
国勢調査は、国民の皆さんにお願いするという気持ちを常に持ち、「こんにちは、●●区役所でございます。いつもお世話になっております。お忙しいところ申し訳ございませんが、国勢調査のお願いに参りました。ご協力お願いいたします。」と、はっきりと礼儀正しくお願いすることでスムーズに調査をすることができました。前回からインターネットや郵送での回答が中心となり、調査員は少し回収が楽になったと思います。これから調査員として国勢調査に参加する方々には、町内会をはじめ役所から選ばれた自分に自信を持って頑張ってほしいです。