日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 研究活動 > 統計研究彙報 > 統計研究彙報 第73号 No.2

ここから本文です。

統計研究彙報 第73号 No.2

概要

タイトル

 借家住宅の建築年代別家賃価格の分析 −消費者物価指数の精度向上に向けて−

著者

 高橋 伸一、塚本 大器

刊行年月

 2016年3月

要旨

 本稿では、2003年、2008年及び2013年の住宅・土地統計調査の個票データを用いて、借家住宅の諸特性と家賃価格の相関を考慮したより精緻な家賃関数の推計を行った。次に、推計した家賃関数を用いて諸特性の差異を補正した調整後家賃を建築年代別に算出し、各時点の横断面及び時点間の比較を行った。これらの推計により、借家の建築年代間の家賃水準差が、住宅自体の経年的な特性変化だけではなく、借家の需給環境及び経済状況など、その他の要因に少なからず影響されていることを示唆する結果が得られた。さらに、上記の分析結果を踏まえた消費者物価指数の精度向上の検討における諸課題等について考察した。

 キーワード: 消費者物価指数、借家住宅、家賃価格、建築年代

全文

 全文のダウンロード(PDF:1,017KB)


 【問合せ先】

  • 総務省統計研究研修所研究開発課

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る