日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 研究活動 > 統計研究彙報 > 統計研究彙報 バックナンバー > 統計研究彙報 第72号 No.4

ここから本文です。

統計研究彙報 第72号 No.4

概要

タイトル

 CPIと東大指数の乖離の分析について

著者

 丸山 歩、嶋北 俊一、落合 牧子、上田 聖

刊行年月

 2015年3月

要旨

 近年、POS(Point of Sales)情報などのいわゆるスキャナデータを用いて価格指数を作成する試みが行われている。カバレッジ(ウエイトベース)は、総務省が作成する消費者物価指数(CPI)の17%であるが、東京大学でも東大日次物価指数プロジェクト(東大指数)として、食料品・日用品を中心とした価格指数の作成が日次で行われている。

 本稿では、東大指数(213品目)に合せてCPIを全体の17%の部分に限って、CPIと東大指数の相違を分析した。その結果、直近で最も差の大きい2014年8月の乖離1.52%ポイントのうち、(1) CPI側で容量調整を行った11品目から、0.49%ポイントの乖離が生じており、(2) CPI側でJANコードが振られていないものが多いと推察される3品目で0.50%ポイントの乖離が生じていることが分かった。

 キーワード: 消費者物価指数(CPI)、東大日次物価指数プロジェクト、POS、品質調整、インストアコード

全文

 全文のダウンロード(PDF:822KB)


 【問合せ先】

  • 総務省統計研究研修所研究開発課

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る