日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 研究活動 > 統計研究彙報 > 統計研究彙報 バックナンバー > 統計研究彙報 第71号 No.4

ここから本文です。

統計研究彙報 第71号 No.4

 タイトル

 ミクロデータにおける匿名化技法の適用可能性の検証 ―全国消費実態調査と家計調査を用いて―


 著者

 伊藤 伸介、村田 磨理子、高野 正博


 刊行年月

 2014年3月


 要旨

 わが国において匿名データの作成・提供のさらなる展開を図るためには、匿名データで主として用いられているトップ(ボトム)・コーディングやリコーディング等の非攪乱的な匿名化技法だけでなく、ノイズの付加、ミクロアグリゲーション等の攪乱的な手法についても、その有効性を実証的に明らかすることが求められるが、わが国ではそうした研究は数少ない。そこで、本稿では、全国消費実態調査と家計調査の個票データを用いて、ミクロデータに対する匿名化技法の適用可能性の検証を行った。

 本研究では、様々な匿名化技法を用いて作成した秘匿処理済データの有用性と秘匿性の定量的な評価を行った上で、R-Uマップを用いて、情報量損失と秘匿性の程度に関する比較分析を行っている。それによって、秘匿処理済データの有用性と秘匿性の相対的な評価が可能なことが明らかになった。

 キーワード: 政府統計ミクロデータ、匿名化技法、有用性、秘匿性、攪乱的手法


 全文

 全文のダウンロード(PDF:853KB)


 【問合せ先】

  • 総務省統計研究研修所研究開発課

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る