日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 研究活動 > 統計研究彙報 > 統計研究彙報 バックナンバー > 統計研究彙報 第71号 No.1

ここから本文です。

統計研究彙報 第71号 No.1

 タイトル

 就業状態に関するアクチュアル方式とユージュアル方式の調査結果の違い


 著者

 山口 硫美子、吉田 敦史、佐藤 朋彦


 刊行年月

 2014年2月


 要旨

 本稿では、総務省統計局が実施している就業構造基本調査について、ユージュアル方式(有業者方式)とアクチュアル方式(労働力方式)という異なる方式により就業状態を把握したところ、平成19(2007)年結果では、15 歳以上人口の1.2%程度とわずかではあるものの、整合的でないケースが現れたことから、調査票情報を二次利用して、詳細な就業状態の把握や属性的特徴把握等を行った。

 その結果、詳細な就業状態をみると実は整合的と考えられるものがあり、また、両者間で整合的でないものについても、属性別にみると60歳以上の高齢男性などといった、いくつかの特徴を持っていることが明らかになった。

 キーワード: 就業構造基本調査、ユージュアル方式、アクチュアル方式


 全文

 全文のダウンロード(PDF:1,326KB)


 【問合せ先】

  • 総務省統計研究研修所研究開発課

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る