日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 研究活動 > 統計研究彙報 > 統計研究彙報 バックナンバー > 統計研究彙報 第70号 No.3

ここから本文です。

統計研究彙報 第70号 No.3

概要

タイトル

 労働力調査における東日本大震災に伴う補完推計

著者

 高橋 伸一

刊行年月

 2013年3月

要旨

 本稿は、労働力調査における東日本大震災に伴う補完推計方法とその結果について内容を概説するものである。
 労働力調査では、東日本大震災の影響により、岩手県、宮城県及び福島県(以下「被災3県」という。) において調査の実施が一時困難となったため、2011年の3月から8月までの間においては、被災3県を除く全国結果の集計・公表を行った。そこで、これら3県の同期間の結果について別途補完推計を行い、それを基に参考値として全国結果を算出した。
 この補完推計は、被災3県について一定の仮定の下に利用可能な他の関連するデータに基づいて可能な限り実態を反映するように行った。被災3県を含む全国の補完推計の結果は、労働力調査における平成24 年の3月から8月までの前年同月比較や長期時系列比較などで参考値として用いることとしている。


 キーワード: 労働力調査、東日本大震災、補完推計

全文

 全文のダウンロード(PDF:379KB)


 【問合せ先】

  • 総務省統計研究研修所研究開発課

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る