日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 研究活動 > 共同研究(リサーチペーパー) > 共同研究(リサーチペーパー) バックナンバー > リサーチペーパー 第5号

ここから本文です。

リサーチペーパー 第5号

概要

タイトル

 1980年代以降における家計の消費と資産に関する実証分析

著者 (原稿執筆時の所属大学)

 美添 泰人 (青山学院大学経済学部教授)
 荒木 万寿夫 (青山学院大学経済学部助教授)

刊行年月

 2006年9月

要旨

 1981年から2000年の期間の家計調査(各年1月から12月の月次)および貯蓄動 向調査(各年1回の年次)で得られた調査結果における世帯を照合することによって、 同一世帯に関して消費支出の行動と資産・負債の構造を統一的に把握することが可能となる。
 今回利用したデータセットに関しては、世帯コード(市町村番号、単位区番号、調査世帯番号)や一連世帯番号と、両調査における世帯の基本属性を用いて、確実に同一であることが確かめられた世帯からなるデータを作成することができた。
 本論文は、このデータセットを利用した消費と資産に関する分析から、勤労者世帯 を対象とした結果の一部を収録するものである。


 キーワード: 家計調査、貯蓄動向調査、完全照合ファイル、資産・負債と消費行動


 【問合せ先】

  • 総務省統計研究研修所研究開発課

バック ホーム

ページの先頭へ戻る