日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研修所 > 統計研修 > オンライン講座について

ここから本文です。

オンライン講座について

 統計研修所が提供する新しいスタイルの動画によるオンライン講座です。

初めて学ぶ統計‐公務員のためのオンライン講座‐

受講者の声

実務的な視点から統計についてわかりやすく説明されており、自身の理解だけではなく、一般市民や統計知識のない人へ説明をする際にも参考になった。 職場でできない時は、自宅でスマートフォンを利用して受講することができた。
テロップが同時に横に流れる講座を初めて受講した。研修を受ける環境はさまざまだと思うが、これなら音を小さくしたり、消していても学習できる。

 講義内容

  • 実務的な視点から統計についてわかりやすく説明されており、自身の理解だけではなく、一般市民や統計知識のない人へ説明をする際にも参考になった。
  • ヒストグラムから箱ひげ図が作成される過程や概念が動画で説明されてわかりやすかった。
  • ヒストグラムは今まで何気なく使用していたが、正確な書き方など再認識させられ非常によかった。また、他のグラフの書き方についてもこんな意味だったと思わせられる部分があった。
  • 業務に役立ちそうなので受講したが、内容のバランスが良く、ノートも程よい分量になった。標準偏差や共分散といった「昔習ったはずのこと」も丁寧に解説されていた点は社会人には学びやすかった。統計の初任者には、季節変動の意味や名目と実質の違いなども深入りしすぎず説明されていたので良いと思う。
  • 実際のデータを示していただきわかりやすかった。統計学を学ぶだけでなく、統計をとるイメージもできたと思う。特に相関関係については今後利用したいと思うが、そういったデータを作成しても、それを読み取る人が学習できていないとその甲斐がないため、公務員が当然知っておくべきこととして広めてほしいと思う。

 講義時間

  • 講義時間がコンパクトで、業務の合間に受講することができた。

 字幕

  • テロップが同時に横に流れる講座を初めて受講した。研修を受ける環境はさまざまだと思うが、これなら、音を小さくしたり、消していても学習できる。
  • とてもよくできたeラーニングだと思う。わからない箇所は、繰り返して再生できるだけでなく、字幕を読むことができ、また字幕をクリックすればその動画を再生することができるなど、とても使いやすいと思う。

 コースポイント集

  • コンパクトにまとまり、的を得た内容だった。

 自分のペースで出来る・いつでもどこでも・スマートフォンでも

  • 職場でできない時は、自宅でスマートフォンを利用して受講することができた。
  • 統計という知識について、日常業務の中で学べる機会がなく、いつでも、場所を選ばずに専門家から学ぶ事ができ、大変良かった。
  • モバイル対応なので、こちらの時間に合わせて学習できる。
  • 本を読むだけの勉強と違い、講師が語りかけてくれる方式は、わからないとそこで止まってしまうという途中の挫折なく続けられる。

 何度も復習可

  • 一つの講義が短いので、スマートフォンで通勤時間帯に行うことができた。また、後からでも繰り返し見ることができる点も知識の定着に繋がると思う。

 参考資料「初めて学ぶ統計」

  • 大変参考になった。

 映像環境

  • 講義映像を倍速や1.5倍速で見ることができた。
  • YouTubeでの配信だったため、多少速度を自分で調整出来る点も良かった。

プログラム概要

内容 時間 講師
第1章 統計とは 第1回:統計の意義と役割
第2回:統計リテラシーの重要性
第3回:統計利用の実例
  7分41秒
16分33秒
11分42秒
小松 聖
総務省統計研修所特任教授
第2章 データの性質と代表値 第1回:質的データと量的データ
第2回:度数分布とヒストグラム
第3回:平均値
第4回:中央値、最頻値
15分59秒
11分13秒
18分24秒
11分42秒
丸山 歩
総務省統計研修所特任教授
第3章 データの分布と相関 第1回:分散、標準偏差
第2回:四分位数、箱ひげ図、パーセンタイル
第3回:データの標準化、偏差値
第4回:相関図、相関係数
11分52秒
  6分47秒
10分34秒
21分50秒
上田 聖
総務省統計研修所特任教授
第4章 データの見方 第1回:統計表の見方
第2回:グラフの見方と使い方
第3回:比率の見方
第4回:時系列データの見方〜基礎編〜
第5回:時系列データの見方〜発展編〜
  9分57秒
15分39秒
12分18秒
11分08秒
15分13秒
永井 恵子
総務省統計研修所特任教授
第5章 行政運営のための公的統計 第1回:公的統計の役割
第2回:統計制度
第3回:全数調査と標本調査
第4回:標本抽出法
第5回:標本誤差
  8分09秒
10分35秒
  7分36秒
  8分18秒
  6分07秒
山口 幸三
総務省統計研修所教授、経済学博士
まとめ 各章の要点など   6分38秒 清水 誠
総務省統計研修所長

応募方法等

 開講時期

  • 平成28年9月1日(木曜日)〜10月31日(月曜日)
  • 平成28年11月1日(火曜日)〜12月31日(土曜日)
  • 平成29年1月1日(日曜日)〜2月28日(火曜日)

 募集人員

  • 各200名

 応募対象

  • 国家公務員、地方公務員(教員を含む。)及び政府関係機関の職員が対象です。

 応募方法

  • 各機関の研修担当職員は、別途送付している「オンライン講座推薦書」を取りまとめ、各応募締切日(必着)までにメールにて応募してください。
    なお、申し込みが募集人員を越えた場合は、調整させていただくことがあります。調整が必要な場合は研修担当職員へ連絡します。

 研修経費

  • 受講料は無料です。ただし、通信にかかる費用が発生します。

 修了証書

  • 理解度確認テストで所定の点数以上を取得すると、修了証書が発行されます。

 推奨環境

YouTubeでの公開

 一般の方にも統計の入門編として広く活用していただけるよう、平成28年9月1日の開講に合わせてYouTube(統計局動画チャンネル)でも講義動画を常時公開します。

 講義動画は、YouTube(統計局動画チャンネル)統計研修所「初めて学ぶ統計」から閲覧いただけます。

 「コースポイント集」は、コースの内容を簡潔にまとめてありますので、知識の定着や復習に役立ててください。

 「確認テスト」は、講座内容の理解度を自己確認し、理解の手助けを目的とするものです。

 「アンケート」は、YouTube(統計局動画チャンネル)で「初めて学ぶ統計」を受講された方を対象に、ご協力をお願いしています。


 ※ダウンロードしてお使いください。


テキストの刊行

 「初めて学ぶ統計」のテキストを刊行しました。テキストの購入については、一般財団法人 日本統計協会一般財団法人 日本統計協会:別ウィンドウで開きます。までお問合せください。

 問合せ・アンケート送付先 統計研修所企画課企画係
 電話: 042-320-5874  FAX: 042-320-5825  mail: メールソフトが起動しますo-kenkikaku@soumu.go.jp

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る