日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 統計研修 > オンライン講座について> 受講者の声

ここから本文です。

受講者の声

オンライン講座共通意見

 講義内容

   字幕があり、音を消しても学習可能・字幕をクリックして確認したい場所へジャンプ可能

  • テロップが同時に横に流れる講座を初めて受講した。研修を受ける環境はさまざまだと思うが、これなら音を小さくしたり、消していても学習できる。
  • とてもよくできたeラーニングだと思う。わからない箇所は、繰り返して再生できるだけでなく、字幕を読むことができ、また字幕をクリックすればその動画を再生することができるなど、とても使いやすいと思う。

   自分のペースでできる・いつでもどこでも・スマートフォンでも

  • 職場でできないときは、自宅でスマートフォンを利用して受講することができた。出張が多い職場でも受講しやすい。
  • 統計という知識について、日常業務の中で学べる機会がなく、いつでも、場所を選ばずに専門家から学ぶことができ、大変よかった。
  • モバイル対応なので、こちらの時間に合わせて学習できる。
  • 本を読むだけの勉強と違い、講師が語りかけてくれる方式は、わからないとそこで止まってしまうという途中の挫折なく続けられる。

   何度も復習可能

  • 一つの講義が短いので、スマートフォンで通勤時間帯に行うことができた。また、後からでも疑問に思った部分を繰り返し見ることができる点も知識の定着に繋がると思う。
  • テストの正解が確認でき、回答を曖昧なままにすることなく、復習に役立った。

   映像速度が調整可能

  • 講義映像を倍速や1.5倍速で見ることができた。
  • YouTubeでの配信だったため、多少速度を自分で調整できる点もよかった。

初めて学ぶ統計−公務員のためのオンライン講座−

 講義内容

  • 実務的な視点から統計についてわかりやすく説明されており、自身の理解だけではなく、一般市民や統計知識のない人へ説明をする際にも参考になった。
  • ヒストグラムから箱ひげ図が作成される過程や概念が動画で説明されて、わかりやすかった。
  • ヒストグラムは今まで何気なく使用していたが、正確な書き方など再認識させられ非常によかった。また、他のグラフの書き方についても、こんな意味だったと思わせられる部分があった。
  • 業務に役立ちそうなので受講したが、内容のバランスがよく、ノートもほどよい分量になった。標準偏差や共分散といった「昔習ったはずのこと」も丁寧に解説されていた点は、社会人には学びやすかった。統計の初任者には、季節変動の意味や名目と実質の違いなども深入りしすぎず説明されていたのでよいと思う。
  • 実際のデータを示していただき、わかりやすかった。統計学を学ぶだけでなく、統計作成のイメージもできたと思う。特に相関関係については今後利用したいと思うが、そういったデータを作成しても、それを読み取る人が学習できていないとその甲斐がないため、公務員が当然知っておくべきこととして広めてほしいと思う。

 講義時間

  • 講義時間がコンパクトで、業務の合間に受講することができた。

 コースポイント集

  • コンパクトにまとまり、的を得た内容だった。

統計データのできるまで−統計的推測の基礎−

 講義内容

  • 基礎をやや進めた内容であり、勉強になった。
  • 基礎から応用まで、順を追って講義が行われ、数式の具体例がわかりやすかった。
  • 専門性の高い統計学から、身近な行政実務まで幅広くカバーされていた。
  • 統計に係る様々な計算方法や用語など、発展的な知識が得られた点がよかった。
  • 難しかったが、本気で統計を学びたい人には、研修所に行かなくても本格的な講義が受けられるのでありがたい。
  • 統計の理論の活用例などを盛り込んでいたため、理解しやすかった。
  • エクセルのシミュレーション方法や、例題が身近で現実的な内容を取り上げられており、自然に興味が持てた。

 講義時間

  • 一部長い動画もあったが、20分かからない程度の動画で、ちょっとした空き時間に見ることができるのでよいと思う。
  • 講義が細分化され、1回が思い切った短さで構成されていて、集中できるように工夫されていると感じた。
  • 必要な内容がコンパクトにまとまっており、効率よく学習できた。

バック ホーム

ページの先頭へ戻る