日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 統計研修 > 平成29年度 統計研修課程一覧 > 特別コース 1日で学ぶ標本設計

ここから本文です。

特別コース 1日で学ぶ標本設計

 標本調査の企画委託に活かせる標本設計の考え方、標本抽出の手法、標本誤差を1日で学びます。標本の大きさの決め方などについて、実際に演習を行い、理解を深めます。

Excelの基本的な操作ができる職員を対象とした課程

    (注) 総務省統計研究研修所が使用しているソフトウェアはOffice2010です。


研修期間

    平成29年5月25日(木曜日)≪1日≫



科目・概要

  • 講義時間 午前9時30分〜午後4時50分まで
  • 内容・講師等は変更になる場合があります。
講義概要 講師
○標本調査法の基礎
 全数調査と標本調査の特徴
 全数調査の役割
 標本調査の事務の流れ
 有意抽出法と無作為抽出法の特徴
小林 良行
(総務省統計研究研修所教授)
○標本調査法の理論
 無作為抽出法の基礎的用語
 統計的推測の考え方
 無作為抽出法と推定方法
 標本調査の誤差
 標本の大きさの決め方など
○標本設計の実際
 標本設計を行う際の留意点など


バック ホーム

ページの先頭へ戻る