日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 統計研修 > 平成28年度 統計研修課程一覧 > 特別コース 統計オープンデータ利活用(入門)

ここから本文です。

特別コース 統計オープンデータ利活用(入門)

政府や統計におけるオープンデータの動きを理解するとともに、e-Statや統計API、統計GISの操作・利用方法等を通して、これらを用いた統計データの利活用に係る習得等を行います。統計の公表等に従事する職員のみならず、政策立案等における統計データの利活用に関心がある職員など、幅広く対象としています。

Excelの基本的な操作ができる職員を対象とした課程

    (注)総務省統計研修所が使用しているソフトウェアは、Office2010です。


研修期間

平成29年2月15日(水曜日)≪1日≫

科目・概要

  • 内容・講師等は変更になる場合があります。
主な内容 講師
オープンデータについて
今なぜオープンデータなのか
柿原 謙一郎
総務省統計局統計情報システム課長
オープンデータの取組について
統計におけるオープンデータとわが国のオープンデータ戦略
宗像 栄二
総務省統計局統計情報システム課課長補佐
e-Stat(政府統計の窓口)による統計データの利用について
e-Statの概要、利用方法の説明と実習等
廣瀬 嘉一
総務省統計局統計情報システム課最適化調整係長
統計GISの使い方、地図による小地域分析(jSTAT MAP)
統計GISの概要、利用方法の説明と実習等
亀本 薫
独立行政法人統計センター共同利用システム課地域・標準担当係長
APIの使い方、高度利用
統計APIの概要、利用方法の説明
堀井 義之
独立行政法人統計センター共同利用システム課総合戦略推進担当係長
オープンデータ利活用の方向
データサイエンス力の高い人材育成の取組、利活用事例の紹介
吉田 明子
総務省統計局統計情報システム課統計情報企画室課長補佐


バック ホーム

ページの先頭へ戻る