日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 統計研修 > 平成26年度 統計研修課程一覧 > 統計入門課程 入門1 スクーリング(2月)

ここから本文です。

統計入門課程 入門1 スクーリング(2月)

 新たに統計業務に従事する職員、統計の基礎知識を習得したい職員を対象とした講座で、通信研修とスクーリングから構成されています。
 本講座では、政府統計の概要、統計体系、統計制度、統計データの見方・利用の仕方、統計調査のしくみなど、統計の基礎的な事項について学びます。
 受講には、統計入門課程【通信研修】入門1(旧名称「通信研修 統計調査基礎課程〈基礎〉」)を終了していることが条件となります。

Excelで四則演算やSUM関数など、PCの基本的な操作ができる職員を対象とした課程


研修期間

 スクーリング ≪ 2日間≫

  • 平成27年2月9日(月曜日)、2月10日(火曜日)

科目・概要(スクーリング)

  • 講義時間:1コマ70分とし1日5コマ
  • 内容・講師等は変更になる場合があります。
科目 主な内容 講師 時間
統計総論 統計と統計調査、統計組織・制度とあゆみ、公的統計の法制度、調査企画と統計基準 加藤 耕二
(総務省統計研修所教授)
3コマ
統計データ利用入門 統計データ利用の基礎、データ分布の見方、データを比較する方法、データの関係を見る方法、時系列データの見方 新田 栄治
((独)統計センター統計情報・技術部統計作成支援課統括統計職)
3コマ
統計調査入門 全数調査と標本調査、無作為抽出と有意抽出、データの分布、データの抽出法、誤差 山口 幸三
(総務省統計研修所上席研究官)
3コマ
質疑応答 受講生からの質疑に対する説明など 加藤 耕二、山口 幸三 1コマ

バック ホーム

ページの先頭へ戻る