日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 総務省統計研究研修所 > 統計研修 > 平成26年度 統計研修課程一覧 > 特別コース 統計オープンデータ利用コース

ここから本文です。

特別コース 統計オープンデータ利用コース(1月)

統計データの利用に関する研修

Excelで四則計算、関数などが扱える職員を対象とした課程

    (注)総務省統計研修所が使用しているソフトウェアは、Office2010です。


研修期間

 平成27年1月15日(木曜日)≪1日≫

科目・概要

  • 内容・講師等は変更になる場合があります。
科目 主な内容 講師
今なぜオープンデータなのか オープンデータとは何か
オープンデータで何ができるのか
須江 雅彦
(総務省統計研修所 所長)
統計におけるオープンデータと我が国のオープンデータ戦略 社会の情報基盤としての統計、オープン化の目的、オープンデータへの我が国の取組 中原 和郎
(総務省統計局統計情報システム課 課長補佐)
政府統計の総合窓口(e-Stat)による統計データの利用について e-Statの概要、利用方法の説明と実習等 岡 誠一
(総務省統計局統計情報システム課最適化調整係 係長)
APIの使い方、新しい高度利用 統計APIの概要、利用方法の説明と実習等 西村 正貴
((独)統計センター共同利用システム課 総括担当統括)
統計GISの使い方、地図による小地域分析 統計GISの概要、利用方法の説明と実習等 山田 利美
((独)統計センター共同利用システム課 地域・標準担当統括)
オープンデータ利活用の方向 統計的思考による問題解決力の重要性 永井 恵子
(総務省統計局統計情報システム課統計情報企画室 課長補佐)


バック ホーム

ページの先頭へ戻る