現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

10月20日  世界統計の日

 10月20日は「世界統計の日(World Statistics Day)」です。

 国連が平成22年10月20日を第1回「世界統計の日」として制定しました。

 国勢調査を始めとする公的統計は国連等で定めた世界標準で作成されています。グローバル化時代においては、国際比較が可能な信頼できる公的統計データの必要性が増しており、国内のみならず国際レベルで公的統計の意義を理解してもらうため、世界共通の統計の日を設けることにしたのです。

 国連は国際機関や各国の統計機関に対して、研究者、メディアその他の統計利用者とも協力して この日の意義を知らせるイベントなどを行うよう要請しています。

 日本では、従来から10月18日を「統計の日」としています。

 「統計の日」は、我が国最初の近代的生産統計である「府県物産表」に関する太政官布告が交付された明治3年9月24日(太陰暦)を現在の太陽暦に換算して10月18日としたものです。


一覧へ