現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

10月4日  イワシの日

イワシの写真

 10月4日は「イワシの日」です。「1(イ)」「0(ワ)」「4(シ)」の語呂合わせから、一般社団法人いわし普及協会が平成元年(1989年)にイベントを開催したのが由来とされています。

 からだに良い栄養素を多く含み、塩焼き、煮物、干物から加工食品まで幅広く食用にされるまいわしについて、統計を見てみましょう。


まいわしの漁獲量(昭和35年(1960年)〜平成28年(2016年))

出典:海面漁業生産統計調査(農林水産省)


 まいわしはかつて大衆魚として親しまれ、漁獲量から見ても20数年前までは日本で最も代表的な魚種でした。漁獲量のピークであった昭和63年(1988年)には、約450万トンを記録し、当時の日本の総漁獲量の4割を占めていました。ところがその後、まいわしの漁獲量は激減し、平成17年(2005年)にはわずか約2.8万トンと、ピーク時の1%にも満たない水準になっています。「イワシの日」が定められた当時のような「大衆魚」の面影はもはやありません。

 このようにまいわしの漁獲量が急減した原因は定かでありませんが、1960年代にも1万トンを割った年(1965年:約0.9万トン)があり、日本沿岸でのまいわしの資源量は海洋環境の変化などにより数十年単位で大きく変動しているとの見方もあるようです。


一覧へ